名医に依頼してたるみ撃退│フェイスリフトでたるみとお別れ

それぞれの特徴を知る

ドクター

顔のたるみを解消し、大幅な若返りを実現するのがフェイスリフトです。実際、この施術を受けた患者さんの症例写真を見ると驚くほどに若返っているのがわかります。主にフェイスリフトには、皮膚や筋肉、靭帯にメスを入れたるみを引き上げる方法と、特殊な糸などを皮膚の下に入れてたるみを引き上げる方法があります。たるみをしっかり解消したい、顔全体のたるみを取りたい人はメスを使用したフェイスリフトが人気です。しかし、メスを入れるわけですから、多少の腫れや傷があるのは仕方のないことです。少しでも傷跡が残らないように、フェイスリフトの症例が多い名医を訪ねるとよいでしょう。また、一時的に患部が腫れる可能性もありますので、仕事をされている人はダウンタイム中をどう過ごすかあらかじめ計画を立てておく必要があります。皮膚や筋肉を切るフェイスリフトに比べ、手軽に挑戦できるのが特殊な糸を使用したリフトアップです。この方法の最大の特徴は、手術の跡がかなり小さくて済むことでしょう。リフトアップに使用する糸には釣り針のような引っ掛かりがいくつもつけられています。この糸を皮膚の下に入れ、筋肉を引っ掛けてたるみを引き上げていきます。また、糸が挿入されると異物を感知した肌からコラーゲンが生成され、肌にハリをもたらします。糸による物理的な引き上げとコラーゲンによる肌のハリ感アップの相乗効果により、しわやたるみを解消していくのです。また、細い糸を入れるときにつく小さい傷だけなので、長期休暇を取れない人やなるべく顔に傷をつけたくない人にも向いている方法といえます。切らないリフトアップが得意な名医もいますので、調べてから施術を受けると満足した結果が得られるでしょう。

1つの方法だけではない

鏡を見る人

年齢によって起こったたるみは、皮膚だけのフェイスリフトでは解消しない可能性があります。筋肉のたるみまでしっかりと引き上げる方法を選ぶとよいでしょう。また、フェイスリフトの名医は、患者に合った最適な方法を導き出してくれます。

Read More..

頬を引き上げる

レディー

骨膜下リフトは、たるんでボリュームがなくなった頬をしっかりと引き上げることのできるフェイスリフト方法です。名医に施術してもらうには、事前の下調べと併せてカウンセリングをしっかり受けることが重要です。

Read More..

より効果の高い方法

鏡を見る人

SMAS法は皮膚の下にある筋肉を引き上げてたるみを解消するフェイスリフトの方法です。技術と経験が必要な施術となるため、名医を探すことが重要です。また、効果を高めるために併せてリガメント法を採用しているクリニックもあります。

Read More..